小児科,町田駅前,町田市,相模原市,相模大野市,大和市,津久井郡,八王子市、小児の感染症は季節によって違いますので、日頃から子供の状態をチェックしておきましょう。子供の病状は急変することがあるので、小児科のあるクリニックはチェックしておきましょう。

町田市/町田駅前佐藤寿一クリニック
 HOME  >>  クリニック案内  >>  病気を知ろう  >>  子どもの病気/TOP  >>  A)子どもの感染症 
日頃から子どもの状態をチェックしておきましょう
子どもの病気/TOP
C)お医者様の掛かり方
A)季節でちがう感染症
D)予防接種について
B)主な症状別の対処法

A) 季節でちがう子どもの感染症


【 秋(9〜11月)】
ライノウイルスによる普通感冒、急性気管支炎がはやります。そのため、喘息の引き金となることが秋の台風の時期と6月の梅雨の時期に多くみられます。

【 冬 】
RS ウイルスによって小さな子供が咳をしてかぜをひいたといって病院によくきます。 RS ウイルスがはやっているときはインフルエンザはあまり流行しません。RS ウイルスが下火になるとインフルエンザが流行します。同時に、ロタウイルスによる白色下痢症、乳児嘔吐症も流行します。

【 春 】
ライノウイルスによる普通感冒が再び流行します。ロタウイルスによる流行性嘔吐症も続きます。

【 梅雨 】
パラインフルエンザ感染症から喘息、喘息様気管支炎がはやります。

【 夏 】
エンテロウイルス、コクサッキーウイルスによるヘルパンギーナ、手足口病、アデノウイルスによるプール熱、咽頭結膜熱がはやります。

 ▲ TOPへ戻る