町田市,相模原市,大和市,津久井郡,八王子市,胃内視鏡,大腸内視鏡,胃カメラ,大腸ファイバー,健康診断,生活習慣病,大腸がん,胃がん,乳がん検診,大腸がん検診,花粉症減感作療法,骨粗鬆症,血管年令,プラセンタ,内科,喘息,糖尿,呼吸器,胃腸科,循環器,気管支喘息,肺がん,糖尿病,乳がん,甲状腺,小児科,ヘルスケア,佐藤寿一,クリニック,医院,医者

町田市/町田駅前佐藤寿一クリニック
 HOME  >>  院長挨拶 
 【 院長挨拶 】

メッセージ :

町田市・相模原市および周辺にお住まいの皆様の掛かりつけ病院とし4, 質の高い安全な医療を提供することを心がけています。
また、病気の早期発見・早期治療により生活習慣病、糖尿病等の重症化を抑え、患者様の健康維持に力を注いでいます。


佐藤寿一院長

東京都町田市 JR町田駅前の佐藤寿一クリニックでは、ハイビジョンによる大腸・胃内視鏡(胃カメラ)検査、マンモグラフィーによる乳がん検診等先進的医療設備を整え、町田市・相模原市および周辺にお住まいの皆様の掛かりつけ病院として安心して当クリニックにご来院いただけるよう、質の高い安全な医療を提供しすることを心がけています。

佐藤寿一クリニックは、JR町田駅ターミナル口と通路で直結しているガレリア町田ビル2Fに2006年7月1日に開院し、2007年4月を以って、佐藤寿一クリニックは医療法人社団絢雄会佐藤寿一クリニックとなりました。

当クリニックでは、内視鏡検査医、日本内視鏡学会指導医2名、認定専門医2名、認定医1名の体制で内視鏡の検査をしております。上部消化管内視鏡3万例、下部大腸内視鏡8000例をこえる経験例数があります。食道癌、胃癌、大腸ポリープ、早期大腸癌、胆嚢結石の内視鏡的治療も指導医においては行っています。

私は、筑波大学卒業後に消化器内科に入局いたしました。その後、大学院では高脂血症、糖尿病の関連遺伝子と心筋梗塞に代表される動脈硬化についての研究をし、その関係で、糖尿病、高脂血症といった生活習慣病を中心に診療をおこなってきました。
   また、ミシガン大学へ留学し、大腸ポリープの中に大腸癌が発生する責任発ガン遺伝子がp53であることを「Nature」に発表した経験より、大腸ポリープの内視鏡治療も早くより行っております。
   私の前任地の坂戸中央病院の関根院長の持論である「医師たるの神髄は市井の医師の中にある」との言葉を座右の銘にし、地域の皆様の健康に関するよき助言者として努力してまいります。

 医療法人社団絢雄会
佐藤寿一クリニック
院長    佐藤 寿一


【 院 長 経 歴 】

【 経 歴 】

1983年03月筑波大学医学専門学群卒業
1987年03月筑波大学医学研究課博士課程医学研究課終了
1987年04月筑波大学付属病院
1990年04月日立製作所勝田病院消化器内科医長
1991年06月ミシガン大学医学部内科
1993年12月宮本病院内科医長
1995年07月取手医師会病院検診センター長
1997年05月坂戸中央病院内科医長
2006年07月佐藤寿一クリニック開院
2007年04月医療法人社団絢雄会佐藤寿一クリニック理事長に就任

【 資 格 】

医学博士
内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定医
日本糖尿病学会会員
日本消化器病学会認定専門医
日本内視鏡学会指導医
日本人類遺伝学会指導医

 ▲ TOPへ戻る